PRODUCT

TOP > あまいろの特徴

あまいろの特徴

あまいろはナチュラルミネラルウォーターです。「奄色」が流れているのは、地下200mの島の奥深く。およそ6,500万年前~9,960万年前の白亜紀後期の地層から汲み上げました。その水は、まさに自然の恵み。一適一滴が神様からのおすそ分けのようです。口に含めば柔らかく、ほのかな甘みが広がります。

あまいろのふるさと

あまいろ周辺自然環境

住用町は、大島本島の中部に位置し、面積は117.65平方キロメートルの町です。

山岳が多く、町の93%が山林で38ヘクタールものマングローブ林が茂っています。

主要河川に、リュウキュウアユの住む清流、住用川・役勝川・川内川があります。

あまいろができるまで

「奄美大島の地下天然水 あまいろ」は奄美大島住用町の最奥に位置する原生林に囲まれた、住用町三川の地下200mの深さから汲み上げているミネラルがバランス良くたっぷり含まれた天然水です。奄美の大自然が口あたりがまろやかで健康的な弱アルカリ性のミネラル成分たっぷりの軟水にしてくれました。

安心安全な衛生管理を行う為に、すべてがステンレス製の製品を使用し、地下200m地点からペットボトルに充填されるまでの間、一度も空気に触れることなく製造されております。

その間、製品になるまでには、0.2μのフィルターで7段階の層に分け、厳重なろ過の作業を経て、最新の殺菌処理装置を用い、ミネラル成分に影響を与えることなく、120℃の超高温で「15秒間」熱殺菌処理を行うなど安心で完全な衛生設備による製造工程をクリアーして、はじめて製品化されます。

製造工程